種子島への行き方|フェリー・高速船・飛行機

この記事では、主に鹿児島から種子島に渡る方法を記載しています。関東、関西、東海からの行き方は以下のリンクをどうぞ。

関東・関西・東海からの格安ルート紹介記事

icon-plane 関東から格安航空会社で行く

 関西から格安航空会社で行く

 東海から格安航空会社で行く

種子島への渡り方は3種類あります

すべて鹿児島県から島に入るルートです。

  • 鹿児島空港から飛行機(約30分)
  • 鹿児島港から高速船ジェットフォイル(約1時間30分)
  • 鹿児島港からフェリー(約3時間30分)

荷物が少なく、時間も掛けたくない場合は空路で向かうのがオススメです。やや時間に余裕がある場合は海路でゆっくり向かうのも一興です。マイカーやバイクで行く場合は、海路(フェリー)しか選択肢がありません。

飛行機で鹿児島空港に入り、船で種子島に向かう場合は、鹿児島空港から鹿児島港までリムジンバスで1時間程度の移動時間が必要になります。十分な乗り継ぎ時間を確保しましょう。

また、飛行機と船では当然ながら島への到着場所が違います。船の場合は島の北部である西之表港に到着し、飛行機の場合は島の中央にある種子島空港に着陸します。

ロケット基地は島の南部である南種子にあるので、急ぎであれば飛行機のほうが南種子に近いです。船のメリットは種子島の市街地である「西之表」に到着する事で、食事などがすぐに出来ます。

いずれにしても、最近は乗り換え検索サービスが非常に優秀なので、ナビタイムさんなどで検索すると最適なルートを組むことができます。

飛行機で行くには

鹿児島空港から離島便が出ており、たったの30分で到着します。うまく乗り換えが調節できれば、東京を7時に出て、午前中に種子島入りも可能です。

  • 所要時間:鹿児島空港から30分程度
  • 便数:1日4便前後(繁忙期ダイヤあり)

<種子島行き>
08:50 鹿児島 →09:30 種子島
11:20 鹿児島 →11:55 種子島
14:25 鹿児島 →15:05 種子島
16:45 鹿児島 →17:25 種子島

<鹿児島行き>
09:55 種子島 →10:30 鹿児島
12:20 種子島 →12:50 鹿児島
15:30 種子島 →16:05 鹿児島
17:50 種子島 →18:25 鹿児島
(2014.9月時点のダイヤです)

icon-plane 予約はこちらから(JALで予約できます)
icon-play-circle 飛行機で種子島に行く時に気をつけること

高速船(ジェットフォイル)で行くには

高速船(ジェットフォイル)は、国内各所の離島航路で運行しているものと同じです。種子島の場合は「トッピー」「ロケット」という二つの名前の高速船が運行していますが、中身はほぼ一緒です。サーフボードを¥1000で持ち込むことができます(2014年時点。ロングは未確認)。

  • 所要時間:鹿児島港の「南埠頭 高速船ターミナル」から約1時間30分
  • 便数:1日6便前後(季節ダイヤ|繁忙期ダイヤあり)

 予約はこちらから
 船で種子島に行く時に気をつけること

フェリーで行くには

離島といえばフェリー。種子島には二隻のフェリーが運行しており、どちらも3時間30分ほどで島まで到着します。この2つのフェリーが1日に1往復してるだけなので、鹿児島→種子島便も、その逆も1日2本しかありません。車を運べる唯一の手段なので、車で島に入る場合はフェリーを活用することになります。

車両運賃は、各運営会社のサイトにてご確認ください。

プリンセスわかさ

いわゆる旅客船です。島を出て都会に就職する人を乗せる船でもあります。高速船よりリーズナブル。

  • 種子島行き:鹿児島発8:40-種子島着12:10
  • 鹿児島行き:種子島発14:00-鹿児島着17:30
  • いずれも2014年9月時点

icon-anchor 運賃はこちらから

はいびすかす

こちらは、引っ越しや島への物資輸送も担当する船で、輸送船的な雰囲気が濃くなります。夕方に鹿児島から出港し、夜に種子島に到着するという、特殊な船になります。

  • 種子島行き:鹿児島発18:00-種子島着21:30
  • 鹿児島行き:種子島発11:00-鹿児島着14:40
  • いずれも2014年9月時点

 運賃はこちらから

やっぱり乗換検索サービスが便利

最近は乗り換え検索サービスがとても優秀なので活用しましょう。たとえばナビタイムさんなどで検索すると「東京羽田から種子島空港までの朝イチ便」でも、以下のようにわかりやすくルート確認ができます。おすすめです。

navitime

icon-caret-square-o-right ナビタイムで検索する

まとめ

  • 種子島に行くには、速度が早い順に「飛行機(予約)」「高速船(予約)」「フェリー」がある。
  • 便数は多い順に「高速船」「飛行機」「フェリー」。特にフェリーは1日1便なので注意。
  • 鹿児島まで飛行機で来るひとは、空港から港までバスで1時間かかるので、乗り継ぎ注意。
  • 高速船とフェリーは島の北西部に到着。飛行機は中部。場所が結構ちがうので注意。

それでは良い種子島観光を。

関連記事

  1. 関東・成田、羽田から片道最安12,340円|格安航空で行く種子島

  2. 種子島サーフトリップでサーフボードを持ちこむ時に注意すること

  3. 船で種子島に行く時に気をつけること

  4. 種子島観光でのレンタカーなど移動手段と注意点

  5. 関西・大阪から片道最安7,730円|格安航空で行く種子島

  6. 名古屋・中部国際空港から片道最安12,440円|格安航空で行く種子島