【安納芋】種子島産安納芋をつかった「おさつスナック」が香ばしい

安納芋を使った食品を片っ端から食べてレポートするこのコーナー、今回はみなさんおなじみカルビーの「おさつスナック」をお届けします。

何十年も前から生き残っているお菓子にも、ついに安納芋の波がやってきているのです!

産地だけでなく生産者まで公開

dsc03485-1

パッケージの裏側に西田農産の安納芋と明記されています。「種子島産」と書かれている商品は時々見るようになりましたが、生産者まで書いてあるお菓子は珍しいです。

西田農産は西之表の会社のようで、ホームページにもなんだか懐かしい芋畑の写真が!この会社の成り立ちとして「従業員の雇用確保のために始めた」と書いてあったりしますので、設立にも何かドラマがありそうです。

これはそのうちお話聞きに行きたい会社ですね!

味は「おさつスナックの超香ばしいバージョン」

dsc03487-1

おさつスナックは生芋スライス系の食べ物ではなく、粉状に加工した芋から成型するタイプのお菓子です。

種子島産安納芋のおさつスナックには「安納芋を50%使用」という表記なので、いつものおさつスナックの原料と、安納芋をまぜて焼き上げたという感じですね。

とりあえず食べてみました。

おさつスナック自体、十年以上食べていなかったので、懐かしい味わい!特徴は「香ばしさ」です。甘さよりも「あふれた蜜のコゲ」を思い起こさせる深めの香り。

練り物なので均一な甘みですが、わずかな塩味によって甘みを引き立ててあります。

dsc03489-1

食べた瞬間「うまっ!!!」となるわけではなく、しかし思わずあと引く手が出てしまう所がロングセラーのスナックなんだなーと感じさせます。

気になって調べてみたら、なんと今年で35周年!お菓子界の大御所ですね。

実は2015年にもあった

このプレスリリースによると、2015年にも発売されていたようで、その時は33%の安納芋使用だったようです。

今年は安納芋の比率が50%にパワーアップして、しかも調理法が「蒸し芋」から「炭火焼き」に変更されています。どうやらこれが香ばしさの理由みたいですね。

去年のは食べておりませんが、安納芋は「焼き」によって圧倒的に甘くなるので、今年のものとは違う味わいだったのではないかと思います。

2017年3月までの秋冬限定

img_1833

発売計画によると、2016年3月までで終了するようですので、お店で見かけたら是非お試し下さい。

他にも安納芋加工食品は紹介しておりまして・・・個人的には、

が超おすすめです。

面白かった記事は、友達にも教えてあげてください

1 個のコメント

  • 西田農産は地元でも有名な企業で、本業は土木建築ですが農業にも力を入れています。焼き芋は拘りの「炭火焼」で、丁寧な焼き上げを目指しています。恐らくにこのお菓子には安納芋を焼き芋にしてから、お芋をペースト状にしたもの又はパウダー状に加工したものを使用していると思います。本物の種子島産安納芋が使われている事には間違いないと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください