種子島のお土産 キビナゴの一夜干しはツマミ&おかずに大活躍の特産品

今回ご紹介するのは、やや上級者むけの特産品です。ズバリ、キビナゴ(方言:ざこ)の一夜干し。

刺身も旨いが、お土産なら一夜干し

キビナゴといえば、種子島では刺身もスタンダードなわけです。

酢味噌や酢醤油でぺろっと食べるキビナゴの刺身は本当美味。

でも、キビナゴは痛むのが早い魚なので、お土産なら一夜干しがオススメというわけなのです。

フライパンでさらっと炒るだけ

一夜干しというと調理に手間がかかりそうなイメージなのですが、そこは小魚の良いところ。

フライパンにお好みで油をしいて、冷凍のまま投げ込んで炒るだけで、あっというまに準備完了です。油をしいている場合は、最初だけ油が飛ぶのでご注意ください。

これこそ、島の味。ゴハン何杯でもいけちゃいますし、絶妙な苦味と塩気でビールも焼酎もすすむ事間違いなし。

種子島における、伝統的な酒のつまみのトップバッターが、このキビナゴ一夜干しと、塩茹でピーナッツだと思います。

島内各所で冷凍パック販売中

DSC01445

写真のような冷凍パックが、島内のいろんな場所で売っています。写真のものは、空港で買ったものです。

伝統的な食べ物なので、島内のいろんな場所で生産されています。島の人に、どのお店で買うのが美味しいか聞くのも面白いですね。

関連記事

  1. 【安納芋】種子島産安納芋をつかった「おさつスナック」が香ばしい

  2. ニガダケ(リュウキュウチク)|種子島の特産品

  3. 種子島の特産品 トビウオの塩干しは、噛むほどにギュギュッと味が湧いてくる

  4. 古民家カフェで島野菜ヘルシーごはん|cafe花えみ

  5. ゴハンが止まらない!キビナゴで作った食べるラー油|鉄浜イーストコースト

  6. 昼は手作りランチ、夜はミュージックベース 種子島のカフェ|Bamboo Forest(バンブーフォレスト)|中種子町