種子島宇宙センターの裏が凄いことになっている

島に観光に来て種子島宇宙センターを見て行く方も多いと思うのですが、時間があれば是非建物の裏の海岸に寄ってみて欲しいのです。

なぜってほら、この写真みたいになってるから。右に見える白い建物が宇宙センターの裏っかわ(棒みたいなのがロケットオブジェ)。

こんなに砂浜に奥行きがある海岸は島でも貴重で、実はこの写真の右手にはもっと広大な一面の砂浜が広がっていて、そこを歩くのも楽しいです。

ほら、こんな感じであたり一面の砂浜。奥のほうのカーブした波打ち際に見える小さな黒い点が、歩いている人。壮大ですよね((((;゚Д゚))))

ただ、風が強い日は砂粒がものすごい勢いで飛んで痛すぎるのでオススメしません!

宇宙センターの敷地内からは意外にもこの浜が見えにくいのですけれど、ちょっと脇道にいくだけで別世界が広がっているというマニア向けの場所であります。

ちなみにこの海岸、小学校のイベントとしてウミガメが放流され、子ガメたちが旅立っていく場所でもあります。ウミガメと一緒にここをホームの海として育った南種子のひとも多いんでしょうねぇ・・・西之表育ちの僕には羨ましい話だ!

<PCの方はgoogleMAPの航空写真で見ると砂浜が見えます>

ロケット発射台を見ながらサーフィンできる最強スポットもこの近くです!

面白かった記事は、友達にも教えてあげてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください