子どもと一緒に楽しむ、自家栽培の野菜と地元素材の宿|民宿はぴすま(南種子町)

数年前から行ってみたかった「民宿はぴすま」さんにお泊りしました。

場所は、種子島の南端、門倉岬のあたり。通りから少しだけ入った場所にあります。

はぴすま

「民宿はぴすま」のココがすごい

自家栽培の野菜を元ホテルマンのオーナーが調理する

元々、農業とサーフィンがしたくて移住したご家族がオーナーで、栽培した野菜をつかった料理を出している宿です。

当然ながら、土の旨味が十分につまったお野菜が楽しめます。

たとえばある日の夕食。盛り付けからすでに漂う「うまそう感」。

晩御飯2

右上のサラダの旨味(田舎の野菜は味が濃いと思うんですよね・・・)が、すごいし、左下に居るのは、トッピー(トビウオ)とミズイカ(アオリイカ)のカルパッチョ。

これね、ビックリしたんですけど、トッピーってカルパッチョにすると旨いんですね!!!

という感じで、盛り付けから調理法まで「地元食材と調理法」の見事なマッチングが楽しめます。

朝ごはんは、なんと釜でゴハンが出てきました!釜からよそうゴハンは結構たのしい!

あさごはん

焼き魚はカマスです。この顔がなんとも・・・(*´∀`)

かます

小さな子どもが居ることを前提にしている

なんの事かというと・・・

トイレ

トイレに子供用便座があったり、お風呂もなんとなく銭湯みたいな感じがする家族でゆったりできる広さ。

おふろ

で、お風呂用のオモチャも置いてある。

と言った感じで、食事の時も、お子様用椅子がある。

つくえ

小さなお子様が居ても十分楽しめる作りになっているわけです。

一人旅の宿、友達と旅行するときの宿、家族で行く宿と、いろいろありますけど、小さなお子様連れを前提に用意している宿はあんまりありませんから、結構びっくりしました。

実は、一件丸々オーナー手作りの家

この宿、手作りなんです。そう、自分の手で建ててるんです。

元大工のおじちゃんと一緒に、1年ほどかけて建築したそうです。

リビング

こんなお洒落リビングも、水回りも、客室も全部、オーナーの手で建てたもの。

ついでに写真に写っているテーブルも手作り。いやー、ほんとビックリ。

整地から完成まで、こちらのページでもまとめられています。

細かい所がしゃれてる

お部屋の壁に写真があったり、

壁

ランプがお洒落だったり、

167

庭にベンチブランコがあったり。

ブランコ

言葉にしにくいのですが、細かいところで洒落てるんですよ。ちょっと工夫してある感じがします。

ランチ&ディナーも楽しめる

予約制ですが、ランチとディナーもやっています。

ここの食事は島内でも非常に好評で、フレンチバルアンファンのでも「あそこ美味しかったですー!」という声を聞きました。

はぴすまさんのWEBでも公開されていますが、こんな感じで、いかにも美味しそう・・・!

IMG_127312

手ごねハンバーク

IMG_51901

タコライス

IMG_128312

カルボナーラ

島内で、ちょっと洒落たランチをしたい方は、是非一度たべてみることをおすすめします。

友達の誕生日とかにも良さそうですね。

お子様連れでも安心してオススメできる民宿です

ということで、

  • 自家栽培野菜と地元食材の料理
  • 子供がいることを前提にした設備
  • ちょっと洒落た空間
  • ランチ&ディナーも好評

という、民宿はぴすまさんでした。民宿ですので、ホテルのようなプライバシーを求めるなら話は別ですが、そうでないなら、ぜひ検討してみてください。

きっと楽しい家族の想い出が残せると思います。

  民宿はぴすま

●宿のHPはこちら
●料理情報もUPされるfacebookはこちら

種子島の南部、南種子のさらに南端にあります。
〒891-3705
鹿児島県熊毛郡南種子町西之6516
 TEL:0997-26-0333(8時~20時まで)

関連記事

  1. 種子島のサーフィン情報を知りたい時にチェックすべきサイト5選

  2. 島に伝わる地鶏「インギー鶏」を食す|ホテルサンダルウッド

  3. 食事から部屋まで「親戚の家に泊まりに来た」ように楽しむ民宿セルヴィ|西之表市

  4. 現役漁師の大将が獲ってくる魚を楽しむ|島宿HOPE